主要プログラム(予定)

会長講演

研究成果をためる つかう ひろげる

泊 祐子
大阪医科大学看護学部 教授

特別講演

質的研究の構築と発展-理論から実践へ-

鯨岡 俊
京都大学 名誉教授

基調講演

ケアの科学と政策

広井 良典
京都大学こころの未来研究センター 教授

教育講演1

臨床研究データの集積と活用法-Research Electronic Data Capture(REDCap)-

新谷 歩
大阪市立大学大学院医学研究科 教授

教育講演2

産官学連携により研究成果をつくり、つかい、ひろげるために

江川 隆子
関西看護医療大学 学長

教育講演3

看護ガイドラインの基盤となる研究成果の活用と構築

神田 清子
群馬大学大学院保健学研究科 教授

シンポジウム1

社会にひろげる看護の成果・知恵・経験

演者

三輪 恭子
よどきり医療と介護のまちづくり株式会社 取締役
多田 真寿美
株式会社ナースあい 代表取締役
宇都宮 宏子
在宅ケア移行支援研究所 宇都宮宏子オフィス 代表

シンポジウム2

診療報酬につながる研究成果の示し方・つかい方

演者

箕浦 洋子
兵庫県立尼崎総合医療センター 副院長兼看護部長
渡邉 眞理
横浜市立大学医学部 教授
叶谷 由佳
横浜市立大学医学部 教授